がんばろう!日本。

 

ganbarou_500_2.jpgのサムネール画像鯉のぼりのメーカーからの提案の吹き流しです。

鯉のぼりの最上部にあげると良く目立ちます。

売り上げの30%が赤十字社に寄付されるとのことです。

店頭販売のみですが、1本5,800円です。

 

杉丸太で泳ぐ鯉のぼり

 

koinoboritosugi_600_2.jpgのサムネール画像

鯉のぼりは杉丸太が良く似合います。

最近は見る機会が減っていることは残念です。

矢車がなくて杉の葉がついているのは、杉を切ったばかりで初節句の意味です。二年目からは葉の部分を切り落として矢車をつけて、鯉のぼりを泳がせます。

⇒鯉のぼりの一覧

京錦鯉のぼりにちりめん製が登場しました。

ちりめん京錦鯉のぼりは美しい鯉のぼりです。

特別価格で販売いたします。

⇒ちりめん鯉のぼりを見る。

8_02.JPG

鯉のぼりはアルミポールが便利です。

鯉のぼりのアルミポールが向上しています。

最近は太くて丈夫なアルミポールが出現して、強風にも耐えるようになりました。

地面に打ち込まなくてもよいスタンド式が便利です。

stand_500_2.jpg

⇒鯉のぼり一覧へ

黄金鯉はベストセラー

黄金鯉は一世を風靡したベストセラーの鯉のぼりです。

青空にきらきらと輝く黄金鯉のぼりは見事なものです。

⇒黄金鯉のぼり

千寿鯉のぼりが目を引いています。

千寿鯉のぼりは、昨年度発表された新作ですが、新作鯉のぼりの中でも特に目を引きました。

今年も好調だと思います。

⇒千寿鯉のぼり

 

鯉のぼりを飾る理由は?

◆わが家に男児が誕生したと天の神に告げ、「この子を守ってやって下さい」と守護を願って目印にしたものが鯉のぼりです。

 

・「鯉が竜門の滝を登ると竜となって天をかける」という中国の故事があります。

「登竜門」という「男児の成長と出世を願う」言葉になりました。 

 

・もともと鯉は、清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚です。

この中国の伝説から、鯉のぼりは環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長し、立身出世するように願って飾られるようになったとも言われています。

 

・江戸時代、武家に男の子ができたら玄関の前に馬印やのぼりを立てて祝う風習がありました。それが一般にも広まってのぼりを立てるようになり、庶民によって鯉のぼりが考案されました。

 

・ 鯉のぼりは町人の家庭でよくあげられるようになったと言われています。

・登竜門の話を<鯉のぼり>という形で、青空を泳がせるという発想は、世界に類を見ない日本人独特の感性です。

 

※発案者はどのような人物だったのでしょうか?

 

鯉のぼりのセットについて

鯉のぼりセットには、主に「6点セット」、「7点セット」、「8点セット」の三種類があります。

1、矢車(回転球つき)

2、ロープと滑車

3、吹き流し

4、黒鯉

5、赤鯉

6、青鯉

7、緑鯉

8、オレンジ色鯉(メーカーにより紫色など)

※「6点セット」は青鯉とオレンジ色の鯉のぼりがつきません。

※「7点セット」はオレンジ色鯉がつきません。

基本的には黒鯉、赤鯉、青鯉のついた、「6点セット」です。

⇒金彩薫風鯉のぼり

kagayakli_500_2.jpg

 

風舞鯉のぼりは美しい。

風舞鯉のぼりは「徳永鯉のぼり」の鯉のぼりのなかでも、独特なデザインと色調で人気があります。

高級な鯉のぼりですが、一目見て解りますので、空に泳がせたい鯉のぼりの一つです。

⇒風舞鯉のぼりを見る

8_02_0.JPG

 

鯉のぼりの新作、スパンコールの聖歌。

徳永鯉のぼりの新作「聖歌」はスパンコールが付いています。

⇒徳永鯉のぼりのスパンコールつき「聖歌」

seika_6_b.jpg