鯉のぼりを飾る理由は?

◆わが家に男児が誕生したと天の神に告げ、「この子を守ってやって下さい」と守護を願って目印にしたものが鯉のぼりです。

 

・「鯉が竜門の滝を登ると竜となって天をかける」という中国の故事があります。

「登竜門」という「男児の成長と出世を願う」言葉になりました。 

 

・もともと鯉は、清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚です。

この中国の伝説から、鯉のぼりは環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長し、立身出世するように願って飾られるようになったとも言われています。

 

・江戸時代、武家に男の子ができたら玄関の前に馬印やのぼりを立てて祝う風習がありました。それが一般にも広まってのぼりを立てるようになり、庶民によって鯉のぼりが考案されました。

 

・ 鯉のぼりは町人の家庭でよくあげられるようになったと言われています。

・登竜門の話を<鯉のぼり>という形で、青空を泳がせるという発想は、世界に類を見ない日本人独特の感性です。

 

※発案者はどのような人物だったのでしょうか?